FXの利益には、為替レートの変動を利用して得られる為替差益の他に、スワップポイントというものがあります。

スワップポイントとは、通貨間における金利差調整分のことで、外貨預金の利息にあたるもの。低金利通貨を売って、高金利通貨を買った場合、その通貨を保有している期間は、ずっとスワップポイントを受け取ることができます。高金利通貨を保有していれば、ただそれだけで、ほったらかしでもお金が稼げてしまうのです。

低金利通貨を売って、高金利通貨を買うことで金利差を得るトレードをキャリートレードと言いますが、スワップポイント目的に高金利通貨を長期間保有するというのも、ひとつのトレードスタイルです。

スワップポイントは、うまく利用すれば、非常においしい仕組みですが、気を付けなければいけない点もありますので、ここでしっかり理解しておきましょう。

スワップポイントは毎日もらえる

スワップポイントは、高金利通貨を購入した翌営業日から毎日発生します。基本的には、毎日受け取ることができますが、土日や祝日の場合は、受け取ることができず、翌営業日にまとめて受け取ることになります。

ちなみに、ポジションを維持したまま翌日に繰り越すことをロールオーバーと言って、正確には、スワップポイントは、ロールオーバーが行われる際に発生します。

金利がスワップポイントを決める

スワップポイントを決めるのは、それぞれの通貨の金利です。為替レートとは全く関係ないところで決定されますので、為替レートの変動によって損失が発生しても、高金利通貨を保有している限り、スワップポイントは利益として受け取ることができます。

スワップポイントの変動に要注意

スワップポイントの金額は、通貨間の金利差によって決定されますが、金利を決定するのは、それぞれの国の金融政策です。金利は、各国の経済状況によって決定されることになりますので、経済状況に変化があれば、金利が変更されて、スワップポイントにも変動が見られます。

マイナススワップの場合は支払いが生じる

スワップポイントで注意が必要なのが、マイナススワップ。スワップポイントには、プラスだけでなく、マイナスがあります。プラスのスワップポイントの場合、利益を得ることができますが、マイナスのスワップの場合は、スワップポイントを受け取るのではなく、支払う必要がありますので、損失が発生してしまいます。

低金利通貨を売って、高金利通貨を買った場合は、プラスのスワップポイントとなりますが、高金利通貨を売って、低金利通貨を買った場合は、マイナスのスワップポイントとなるので、要注意。

また、エントリーした時点では、プラスのスワップポイントであっても、ポジションを維持している間に金利差に変動があって、マイナスのスワップポイントになってしまうということもあり得ます。スワップポイントは、毎日変わります。スワップポイントの金額は、それぞれのFX会社のウェブサイトにアップされているはずですので、常にチェックしておきましょう。

スワップポイントばかりに目を取られるな

スワップポイントは、何もしなくても、ポジションを維持しているだけで受け取ることができる非常においしい仕組みなのですが、スワップポイントばかりに目を取られるのは、良くありません。

スワップポイントがもらえるからと、容易にポジションをとるのは、非常に危険。いくらスワップポイントがプラスであっても、為替差益に比べれば、かわいいものです。毎日コツコツと積み重ねたスワップポイントも、為替レートの変動によって、一瞬で吹き飛んでしまうこともあります。

スワップポイント目的のトレードが良くないとは言いませんが、為替レートの変動を無視したトレードをするのは、NG。FXの稼ぎ方の基本は、あくまでも為替差益を得ること。スワップポイントはおまけ程度に考えておいた方が良いでしょう。