テクニカル分析とは

テクニカル分析は、チャートを用いて、値動きを予測する分析法のことです。チャートは、過去の値動きをグラフ化したものですが、このチャートに記録された過去の値動きの傾向から、将来の値動きを予測します。

チャート

過去の傾向から将来を予測すると聞くと、何ともあてにならなそうな感じもしますが、そんなことはありません。ファンダメンタルズ分析と並んで、FXにおいては、欠かせない分析法です。チャートには、売買における重要なポイントがいくつも隠されています。様々な手法を用いて、チャートを読み解くことが、テクニカル分析の鍵。

世界中の投資家が同じチャートを見て、テクニカル分析を行っているのですから、それを避けて通ることはできません。

テクニカル分析の方法

テクニカル分析は、チャートを基に行うものですが、ただチャートを眺めているだけでは、細かいポイントまでは見えてきません。確かに、チャートを見ているだけでも、上がっているとか下がっているということは分かりますが、ここで買う、ここで売るといった売買のポイントを探り当てることが、テクニカル分析のひとつの目的です。そのためには、様々な手法を用いて分析を行っていく必要があります。

例えば、チャートを構成するローソク足のパターンを分析してみたり、チャート上に線を引いてみたり、更には、テクニカル指標と呼ばれるテクニカル分析のための指標を活用してみたり。テクニカル指標だけでも、非常に多くの種類がありますので、一口にテクニカル分析と言っても、その手法は、非常に多様です。それだけ複雑でもあるのですが、少しずつ身につけていって、自分なりの分析手法を確立してみましょう。

売買はチャートを見ながら

FXでは、基本的には、チャートを見ながら売買を行うことになります。なんとなく昨日より値下がりしているからとか、さっきより値上がりしたからといった理由でトレードを行うのは、NG。チャートを用いたテクニカル分析を通して、根拠あるポイントで売買を行うべきです。

FX会社に口座を開設すれば、そのFX会社が用意した取引ツールを使うことができます。FX会社の取引ツールでは、様々なテクニカル分析が可能なチャート上からトレードができるようになっています。

ただ、取引ツールは、それぞれのFX会社が用意しているものですので、FX会社ごとにチャートの特徴が異なります。利用できるテクニカル指標も、FX会社によりけり。FX会社によっては、自分好みの分析ができないということも考えられますので、取引ツールから、自分に合ったFX会社を見つけることも大切ですよ。

チャートに慣れることが上達の第一歩

いくらテクニカル分析が大切だといっても、初めの頃は、どのような分析をすれば良いかさっぱり分からないという状態だと思います。上級者でも、分析結果が、100%当たるということはあり得ません。結果はどうあれ、なんとなくトレードをするのではなく、自分なりに分析をした上で、根拠のあるトレードを行うことが重要。

FX会社に口座開設をしたら、いろいろとチャートをいじってみると良いですよ。テクニカル分析がどういったものかが見えてくるはずです。ちなみに、FX会社に口座開設をしなくても、メタトレーダー4という無料のチャートソフトをインストールすれば、すぐにでもテクニカル分析が可能です。実際にトレードをする前に、チャートに触れることができます。

テクニカル分析の第一歩は、チャートに慣れること。まずは、少しずつチャートに慣れて、テクニカル分析を自分のものにしましょう。