取引通貨単位は、取引ができる最低の売買単位のことで、取引通貨単位が、1万通貨であれば、1度で取引できる通貨量の最低ラインは、1万通貨となります。要は、1万通貨未満の取引はできないということです。

取引通貨単位は、それぞれのFX会社によって異なりますが、現在では、1万通貨単位または1,000通貨単位のFX会社が主流です。

かつては、1万通貨単位のFX会社が大半でしたが、今では、1,000通貨単位以下で取引できるFX会社もかなり多くなりました。それだけ需要があるということですが、1,000通貨単位以下で取引可能なFX会社には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

1,000通貨単位で取引するメリットとデメリット

1,000通貨単位で取引するメリット

1,000通貨単位での取引には、少額からトレードができる損失が小さいというメリットがあります。

1,000通貨単位のメリット
  • 少額でトレードができる
  • 損失額が小さい

1,000通貨単位なら少額から始められる

当たり前ですが、1,000通貨の取引は、1万通貨の取引の1/10の資金で行うことができます。

例えば、1米ドル=100円のときに、米ドル/円の取引を行うとすると、1万通貨の取引の場合、最低40,000円の資金が必要になります。ところが、1,000通貨の場合、その1/10の4,000円で取引ができてしまいます。これなら、FXを始めるハードルはかなり低くなりますよね。

1,000通貨単位なら損失が少ない

1,000通貨の取引であれば、損失も少なくて済みます。

1万通貨の取引の場合、1円の為替レートの変動で、1万円の利益または損失が出ることになります。資金に余裕がない場合、1万円の損失というのは、かなり痛いかもしれません。一方、1,000通貨の場合は、1円の変動で、1,000円の利益または損失となりますので、損失を出してしまった場合でも、ダメージは少なくて済みます。

1,000通貨単位で取引するデメリット

反対に、1,000通貨単位以下の取引におけるデメリットを考えてみると、利益が少なくなることが挙げられます。

1,000通貨の取引であれば、利益も1万通貨の取引の1/10となりますので、一度で大きく稼ぐことは難しくなります。資金にある程度の余裕があって、大きく稼ぎたいという方は、1,000通貨単位よりも、1万通貨単位の取引の方が向いているでしょう。

1,000通貨単位の取引はFX初心者にピッタリ

このように、1,000通貨単位のFX会社は、ローリスクローリターンの投資ができ、少額から始められるという特徴を持っています。

FXは、レバレッジをかけたトレードができる点が大きな魅力ですが、レバレッジを効かせている分、失敗したときの損失も大きくなります。FX未経験者の方が、初めてのトレードから、いきなり大きなロットでトレードすると、一瞬で大損を被るという危険性もある訳です。また、取引通貨単位が大きければ、それだけ資金も必要になります。

これらを踏まえると、これからFXを始めるという方には、まず、1,000通貨単位以下のFX会社でデビューすることをおすすめします。

今では、1,000通貨単位どころか100通貨単位や1通貨単位で取引できるFX会社もあり、これらのFX会社を使えば、更に、リスクを抑えることができます。

資金に余裕があるのであれば、大きな問題にはならないかもしれませんが、右も左も分からない状態から、限られた資金でトレードをするのは、少し心もとないです。1,000通貨単位以下から始めて、徐々に取引量を増やしていく方が良いと思います。

FXに慣れるまでは、取引通貨単位が小さいFX会社を使って、腕を磨くと良いですよ。

1,000通貨単位以下で取引できるおすすめFX会社

SBI FX

SBIFXトレードは、1通貨から取引ができる非常に珍しいFX会社です。

1通貨の取引に必要な資金は、なんと約4円(1米ドル=100円の場合)。超少額かつローリスクのトレードができるので、FX初心者の方には特におすすめです。