テクニカル分析の基本的な手法として、チャート上に線を引くというものがあります。テクニカル分析というと、様々なテクニカル指標を駆使して、相場を分析することを思い浮かべがちですが、線を引くのも、立派なテクニカル分析手法です。ただ線を引くだけでも、相場の流れや売買のポイント等が見えてきます。

ということで、ここでは、トレンドラインの使い方と引き方について、解説しています。テクニカル分析の超基本的なテクニックですが、プロトレーダーも使っている手法ですので、しっかり押さえておきましょう。

トレンドラインとは

トレンドライン

トレンドラインは、市場のトレンドを把握するために、複数のローソク足を結んで作る線のこと。上昇トレンドの場合は、安値と安値を結んだ線、下降トレンドの場合は、高値と高値を結んだ線が、トレンドラインとなります。

トレンドラインの意味

トレンドラインを引くことには、主に、以下の2つの意味があります。

トレンドラインを引く目的
  • トレンドを明確にする
  • サポートラインとレジスタンスラインを把握する

トレンドを明確にする

トレンドラインを引くことの目的のひとつが、トレンドを正確に把握することです。トレンドラインを引くことで、相場のトレンドが視覚的に分かりやすくなります。

サポートラインとレジスタンスラインを把握する

トレンドラインは、サポートラインやレジスタンスラインとして機能することがあります。

上昇トレンドライン

上昇トレンドであれば、安値と安値を結んだトレンドラインが、サポートラインとなり、トレンドラインの延長線上のポイントで値が反発し上昇することがあります。

下降トレンドライン

また、下降トレンドであれば、高値と高値を結んだトレンドラインが、レジスタンスラインとなり、トレンドラインの延長線上のポイントで値が反発し下落することがあります。

つまり、トレンドラインを引くことで、どこが節目となっているかが見えてくるのです。

トレンドラインの使い方

押し目買いと戻り売りのポイントを探る

トレンドラインは、トレンドについていく順張りトレードの際の押し目買いと戻り売りのポイントを探るのに有効です。

トレンドラインは、サポートラインとレジスタンスラインとして機能しますので、上昇トレンドであれば、トレンドラインに近づいたところが押し目買いのポイントとなり、逆に、下降トレンドであれば、トレンドラインに近づいたところが戻り売りのポイントとなります。

上昇トレンドの場合は、トレンドライン付近で買い注文を、下降トレンドの場合は、トレンドライン付近で売り注文を入れておき、トレンドにうまくついていくようにしましょう。

トレンドラインをブレイクした方向についていく

一度引いたトレンドラインが、いつまでも有効ということはありません。いつかは、トレンドラインを抜けるときが来ます。

トレンドラインブレイク

トレンドラインを抜けることをブレイクと言いますが、一度トレンドラインをブレイクすると、ひとつのトレンドが終了したと考えられます。つまり、トレンドラインのブレイクは、トレンドの転換を意味するのです。

一旦、トレンドラインをブレイクすると、堰を切ったように、これまでのトレンドとは反対の方向に動くことがあります。そこで有効なのが、トレンドラインをブレイクした方向についていく戦略。

トレンドラインをブレイクした後は、値を戻して、これまでと同じ方向に進むこともあれば、反対方向に新たなトレンドができることもありますし、レンジ相場となることもあります。ブレイクしただけでは、ブレイク後の大きな流れは分かりませんが、ブレイク直後に関しては、急激に反対方向に動くことが多いです。

そのため、トレンドラインをブレイクしたところで、ブレイクした方向にエントリーするのも、有効な戦略です。

また、既に、これまでのトレンドに沿ったポジションを持っているのであれば、ブレイクは、手じまいのタイミングとも考えられます。十分な利益が出ていなくても、ブレイクはトレンドの終了と考えて、これまでのポジションを決済するのが、無難です。

トレンドラインの引き方

トレンドラインは、上昇トレンドであれば、安値と安値を結び、下降トレンドであれば、高値と高値を結ぶという簡単な作業ですが、いくつか注意点もあります。この点を守れていないと、正しいトレンドラインとして機能しないので、気を付けなければなりません。

トレンドラインを引く際の注意点

トレンドラインを引く際の注意点
  • ローソク足がはみ出さないように線を引く
  • ヒゲを無視しない
  • 高値と安値をともに更新したところを結ぶ

ローソク足がはみ出さないように線を引く

基本中の基本ですが、線を引く際に、ローソク足が線からはみ出ないようにしなければなりません。ここが守れていないと、サポートラインやレジスタンスラインとして機能しているポイントが分からなくなってしまいます。丁寧に線を引くことが、大切です。

ヒゲを無視しない

ローソク足からヒゲが伸びている場合は、そのヒゲを結ぶように線を引きましょう。ヒゲを無視して、実体だけを結んではいけません。

そもそも、ヒゲが伸びているということは、高値または安値をつけているポイントで反発しているということです。そのポイントがサポートラインやレジスタンスラインとなっている可能性がありますので、ヒゲを無視しては、正確なトレンドラインは引けません。

高値と安値をともに更新したところを結ぶ

安値と安値を結ぶ、高値と高値を結ぶといっても、安値や高値であれば、どこでも良いということではありません。

ここで、トレンドの定義を整理しておきますが、上昇トレンドは、高値と安値がともに切り上がっている状態、下降トレンドは、安値と高値がともに切り下がっている状態のことを言います。

例えば、安値だけ切り上がって、高値は切り上がっていない状態は、上昇トレンドを形成しているとは言い切れませんし、高値だけ切り下がって、安値は切り下がっていない状態は、下降トレンドを形成しているとは言い切れないのです。

ですから、トレンドラインを引く際も、上昇トレンドであれば、高値と安値がともに切り上がっている安値同士を結ぶ必要がありますし、下降トレンドであれば、安値と高値がともに切り下がっている高値同士を結ぶ必要があります。

トレンドラインは何度も引き直す

先にも書きましたが、一度引いたトレンドラインは、いつまでも有効ではありません。一旦、トレンドラインをブレイクしてしまうと、

基本的に、そのトレンドラインは、これまでのようにサポートラインやレジスタンスラインとしては機能しないため、新たに線を引き直して、機能するトレンドラインを見つける必要があります。

線はいくらでも引くことができますので、チャートが更新されるに従って、何度もトレンドラインを引き直していきましょう。

トレンドラインのまとめ

トレンドラインは、シンプルかつ有効なテクニカル分析手法です。誰でも簡単に引くことができますが、そこから読み取れる情報は、非常に重要。

視覚的に相場のトレンドを読み取るのに便利というだけでなく、売買のポイントをピンポイントで知らせてくれるので、いろいろな場面で活躍してくれるはずです。

最初の内は、気になったポイントにどんどん線を引いてみましょう。慣れてくれば、いろいろな情報が読み取れるはずですよ。