米ドルの基本情報

アメリカ合衆国 名称 アメリカ合衆国ドル
通貨コード USD
導入国 アメリカ合衆国
中央銀行 FRB(連邦準備制度理事会)

米ドルUSD)は、言わずもがな、経済大国アメリカの通貨。世界中の通貨の中心となる基軸通貨としてのポジションを担っており、あらゆる取引における決済に使用されています。

なお、ドルと言えば、一般的には、アメリカのドルのことを指しますが、ドルという名称は、様々な国の通貨に用いられていることから、FXの世界では、アメリカのドルのことを米ドルと表現します。

米ドルの特徴

値動きが安定している

米ドルは、数ある通貨の中で、取引量が世界一です。それ故に、他の通貨と比べると、値動きが安定しているという特徴を持っています。

取引量が少ないマイナー通貨の場合、流動性が低くなり、荒っぽい値動きを見せることが多々あります。値動きが荒いと、相場に翻弄されて、一瞬の間に損失が広がってしまうという危険性が高くなりますが、米ドルの場合は、値動きが安定している分、乱高下することも少なく、マイナー通貨に比べると、リスクは小さいと言えます。

基軸通貨だけあって、日本人にも馴染みのある通貨で、取っつきやすい通貨ですが、値動きを見ても、FX初心者向きの通貨と言うことができます。

有事に買われやすい安全通貨

為替取引の世界には、「有事のドル買い」という格言があります。これは、戦争や自然災害等の際に、米ドルが買われやすいという現象を指した言葉です。

有事の際は、相場が不安定になりやすく、予測不可能な値動きを見せることから、安全資産と言われる米ドルが買われやすいのです。

米ドルの値動き

米ドル/円(USD/JPY)の月足チャート

月足チャート(USDJPY)

米ドルにおける重要経済指標

  • 雇用統計(非農業部門雇用者数、失業率)
  • FOMC政策金利
  • ISM製造業景況指数
  • GDP
  • ADP雇用統計
  • 消費者物価指数(CPI)