円高円安、ニュースや新聞でよく見聞きするこの言葉。ちゃんと理解できているでしょうか。

FXは、為替レートの変動を利用して利益を得ようとする投資です。つまり、円高と円安を理解していないと、お話にならないのです。円高と円安の意味が、よく分からないという方は、実際にトレードに入る前に、しっかり理解しておきましょう。

円高と円安の意味

円高は、円の価値が高くなることを言います。対して、円安は、円の価値が低くなること。

米ドルと円の為替レートを例に考えてみましょう。例えば、「1米ドル=100円」は、1米ドルと100円が同じ価値ということです。

これが、「1米ドル=90円」になったとしましょう。この場合は、円高でしょうか、円安でしょうか。答えは、円高です。1米ドルと90円が同じ価値ということになりますので、「1米ドル=100円」のときよりも、円の価値は高くなっていますよね。これまで1米ドルを手に入れるには、100円必要だったものが、90円で済むようになるのですから、円の価値は上がっています。

逆に、「1米ドル=110円」になったらどうでしょうか。この場合は、円安ですね。1米ドルと110円が同じ価値になりますので、円の価値は低くなっています。

円の価値が上がれば、円高、円の価値が下がれば、円安です。

FXは円高と円安のどちらが稼げるのか

さて、ここで気になるのが、FXは、円高と円安のどちらが稼げるのかということ。実は、FXでは、円高になっても円安になっても、利益を上げることができます。というのも、FXは、「買い」からも「売り」からも入ることができるので、円高局面でも円安局面でも利益を上げることができるのです。

買いから入る場合は円安になれば利益が出る

「買い」から入る場合は、円安になることで、利益を上げることができます。

米ドルと円を例にとると、円で米ドルを安く買って、この米ドルが高くなったところで売ることで、利益が出るということ。「1米ドル=100円」のときに買って、これが、「1米ドル=110円」になったときに売れば、10円の利益が出ます。1米ドルが100円から110円になったということは、円の価値が下がったということ。逆に、円の価値が下がったということは、米ドルの価値は、上がっていますよね。

円安になるということは、安く買った米ドルを高く売れるということになります。だから「買い」から入る場合は、円安になることで、利益が出るのです。

売りから入る場合は円高になれば利益が出る

逆に、「売り」から入る場合は、円高になれば、利益を上げることができます。

米ドルを「1米ドル=100円」のときに売って、これを「1米ドル=90円」になったときに買い戻せば、10円の利益が出ます。100円で売った米ドルが、90円で買い戻せたので、高く売って安く買えたことになります。

つまり、「売り」から入る場合は、円高になれば、利益を得られるということですね。

売りと買いを使い分けよう

為替相場は、常に変動します。明日が、円高になるのか、円安になるのかというのは、誰にも分かりません。ただ、FXのメリットは、円高だろうが、円安だろうが稼げるというところです。「売り」からも「買い」からも入ることができるので、どのような状況でも、利益を上げることができるのです。

その時々の為替相場の状況を読んで、円高になりそうであれば、「売ってから買う」、円安になりそうであれば、「買ってから売る」。「売り」と「買い」を使い分けて、利益を上げていきましょう。