FXは、ゼロサムゲームと言われることがあります。更には、FXは、ゼロサムゲームだから止めるべきと言われることもあったりします。

それでは、ゼロサムゲームとは何なのでしょうか。なんとなく、ネガティブな意味で使われているような感じはしますが、本当に悪いものなのでしょうか。

ゼロサムゲームとは

ゼロサムゲームとは、参加者の得点と失点の総和が、ゼロになるゲームのことを指すゲーム理論の用語です。なお、ゲーム理論とは、経済学における理論の一種です。

ゼロサムゲームの代表的な例としては、賭け事が挙げられます。賭けマージャンのような賭け事では、参加者全員の掛け金を買った人で山分けします。負けた人の掛け金は、勝った人の手元に行くことになりますので、賭け事に負けた人の損失と勝った人の利益は、同じです。

競馬のようなギャンブルでも、話は同じですが、生業としてのギャンブルの場合は、参加者の掛け金の一部が、主催者側の儲けとなりますので、厳密には、ゼロサムゲームではなく、総和がマイナスになるマイナスサムゲームとなります。

FXはゼロサムゲーム

それでは、FXはどうでしょうか。結論から言えば、FXもゼロサムゲームです。

FXに限らず、外貨の取引は、2種類の通貨の交換です。外貨取引は、為替レートに基づいて行われますが、為替レートは、通貨の交換比率に過ぎません。どちらかの通貨が高くなれば、もう一方の通貨は安くなります。

為替レートの変動は、通貨間の価値が相対的に変動しただけで、いくらレートが変動しようと、そこに、新たな価値が生まれることもなければ、価値が減ることもありません。通貨の価値の総和は、変わらないはずです。2種類の通貨がともに高くなる、ともに安くなるということはあり得ないのです。

ある為替レートで、誰かが通貨を買えば、必ず、その相手方として、同じレートで通貨を売った人がいます。為替レートの変動を利用して、誰かが利益を上げたということは、誰かが損をしているのです。

だから、FXは、ゼロサムゲーム。

厳密には、コストが発生しますので、ギャンブル同様、マイナスサムではありますが、限りなくゼロサムに近いと言えるでしょう。ちなみに、先物取引やCFDも、FXと同じく、ゼロサムゲームです。

株式投資は非ゼロサムゲーム

ここで、投資の代表格である株式投資を考えてみましょう。実は、株式投資は、ゼロサムゲームではありません。非ゼロサムゲームです。

株価は、為替レートのように相対的に決まるものではありません。株価は、基本的には、企業価値によって決まります。市場から、企業の価値が上がったと考えられれば、株価も上がりますし、企業の価値が下がったと考えられれば、株価も下がります。また、景気によって、株式市場全体の価値が変動することもあります。

株価が上がれば、市場の参加者全員が得をすることもありますし、株価が下がれば、参加者全員が損をすることもあります。価値の総和は、決して、ゼロにはならないのです。

だから、株式投資は、非ゼロサムゲームということになります。

FXの世界で勝つのは簡単ではない

FXは、ゼロサムゲームだから避けるべきという意見もあります。確かに、それは一理あると思います。

FXでは、株式投資のように、参加者全員が利益を上げるという状況はあり得ないため、FXで利益を上げるには、市場参加者の誰かが、損をしていなければなりません。厳しい現実ではありますが、FXで勝つには、誰かを打ち負かす必要があるのです。しかも、市場参加者の中には、素人もいれば、セミプロのような個人投資家もいますし、ヘッジファンドのようなプロの中のプロもいます。

利益を上げるには、このような中で、勝っていく必要があるということです。

FXは、誰もが簡単に始められて、大金を稼ぐ夢を見ることができますが、決して、簡単ではありません。弱肉強食の厳しい世界なのです。何の知識もない状態で、マーケットに飛び込めば、一瞬にして食い物にされてしまいます。ビギナーズラックはあるかもしれませんが、覚悟を持って、勝つための努力をしなければ、継続的に稼ぐことは不可能です。

ここまで言われてしまうと、FXをやる気もなくなってしまうかもしれませんが、勝ち組になってしまえば、何の問題もありません。逆に言ってしまえば、敗者がいるということは、勝者がいるということ。

厳しい現実を突き付けてしまいましたが、それなりの意識や姿勢で臨まなければ、FXで勝つことはできないということは、しっかりと頭に入れておきましょう。